カテゴリー: 櫻塾通信

「メソード演技」と「マリヴォーの上演」

咲良舎のホームページに「マリヴォーの部屋」がオープンし、その冒頭でマリヴォー・シ

カテゴリー: 櫻塾通信

想像の世界で行動する〈我あり〉

何年か前にスタニスラフスキーの何かの本のなかに「I am」という言葉を見つけて、

カテゴリー: 櫻塾通信

演劇的に生きる「個性」

ストラスバーグは日本に招かれて一度来日しています。私がレッスンを取り始めたとき、

カテゴリー: 櫻塾通信

Art of Living 〜新年のご挨拶にかえて〜

「視覚」は五感のなかでもっとも情報豊かな大事な感覚なのだと言います。 しかし、俳

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , , ,

自分と向き合う

  ニューヨークのITI(International Theatre

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , , ,

役者は何をよりどころに舞台に立つのか! 

役者は何をよりどころに舞台に立つのか! 舞台上の虚構の世界にどういたらいいのか!

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , , ,

「右脳革命」

ストラスバーグが亡くなって帰国した当時、日本では「右脳革命」という本がベストセラ

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , , ,

アクターズ・スタジオの俳優たち〜その惜しみない努力〜

私がニューヨークに滞在していた70年代、アクターズ・スタジオのセッションには当時

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , , , , ,

「即興と主体性」

ストラスバーグがクラスに入ってくると、ザワザワしていた教室内はスウッと静まりまし

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , , , , ,

「演劇の神さま」とのレッスン

I don’t care what you think ! I don’t ca

カテゴリー: 櫻塾通信 タグ: , ,