代表プロフィール

守輪咲良

北斗星のキャビンでくつろぐ咲良

演出家。俳優。アクターズ・トレーナー。
札幌出身。明治大学文学部卒。
咲良舎主宰。
櫻塾代表。
日本演出者協会会員。
一般社団法人日露演劇会議・常務理事。

プロフィール

1972年
渡米。ニューヨーク・アクターズ・スタジオの芸術監督リー・ストラスバーグに師事。
1982年
帰国。
1983年
NHKプロモーション、劇団NLTなどで「メソード演技」の指導をはじめる。
1985年
テネシー・ウィリアムス作・関矢幸雄演出「ガラスの動物園」(駅前劇場)に出演。素劇舎(関矢幸雄主宰)「Play to Play! 遊びから演劇へ」に参加。
1990年
守輪咲良演技研究所開設。研究の成果を実験的に発表していく場として「poco a poco」を結成。新宿西口の稽古場に30人劇場をつくり、活動を開始。
1991年
18世紀古典喜劇シリーズ開始。ゴルドーニ作「ヴェネツィアのふたご」、マリヴォー作「贋の侍女」などを手掛け始める。
1992年10月
「poco a poco」のメンバーたちと共に劇団櫻花舎を立ち上げ、「櫻花舎・マリヴォーシリーズ」を開始。マリヴォーの作品(本邦初訳・初演を含む全12作)を連続上演。
1993年~
1994年
「TAMA21くらしの祭典」「津田塾大学」「府中の森芸術劇場」などで講師として招かれる。
1994年
咲良舎設立。
1996年
「櫻花舎・マリヴォーシリーズ第10弾」終了。わずか数十人の観客と共に始まった「マリヴォーシリーズ」は、その集大成として代表作「愛と偶然の戯れ」を上演、目標の観客数1,000人を達成。
1998年2月
ゴルドーニ作「ミランドリーナ」を演出。翻訳(高田和文氏)が湯浅芳子賞を受賞。
1998年~
2000年
北海道演劇財団主催(札幌)「コミュニティ演劇ワークショップ」講師就任。
2001年3月
劇団あしぶえ(島根県八雲村)主催のワークショップ講師。
2001年5月
日本演出者協会主催「飯田市演劇大学」講師。
2002年6~8月
札幌・赤い実企画「守輪咲良・メソード・ワークショップ」開催。
2004年11月~
2005年11月
広島県高等学校総合演劇大会(広島県呉市)講師審査員。
2008年8月~
2012年8月
札幌市教育文化会館に於ける「教文演劇フェスティバル」でワークショップ開催。
2007年11月~
2009年2月
シアターコレクティブWS マリヴォー作「愛と偶然の戯れ」「本気の役者たち」演出・出演。
2010年6月
(社)日露演劇会議・常務理事就任
2010年9月~
2011年2月
「高校生と大学生のためのドラマワークショップ」を企画・開催。
2012年7月~
2016年7月
(社)日露演劇会議主催「ハイスクール・ドラマキャンプ in 札幌」開催。
2016年5月
ペタアートネットジャパン・アート研究講座「表現者の宇宙」~アーティストの背後から見えるもの~、「演劇と身体、空間」について2回に渡り講師を務める。
2016年8月
(社)日露演劇会議主催「ハイスクール・ドラマキャンプ in 横浜」開催。

※その他、東京ミュージカルアカデミーなどで専任講師を歴任。